古いイメージスキャナー(GT-8700F)が、Windows10で使えてうれしいです

エプソンのGT-8700Fというイメージ・スキャナーを使おうとしました。フィルム・スキャンもできる、発売当時では高級なフラット・ヘッド・スキャナでした。(上の画像は同機とは異なります)

ところが、今までは普通に動いてくれていたのに、パソコンが認識しませんでした。久しぶりにスキャナを使おうとしたためか、Windows7のパソコンをWindows10に無料アップグレードをしてから初めて使うことに気がついていませんでした。

古いスキャナーなので、壊れたのかと思っていました。壊れたと思いこんでいたので、そのGT-8700Fを捨てようかなと思い、元々置いてあった場所から移動して、たまたま、近くにあるWindows XPで動かしているパソコンにつないでみました。(もちろんネットにはつなぎませんし、USBメモリにもつないでいないパソコンです)。すると、ちゃんと認識するではありませんか。

そこで初めて気がつきました。故障ではなく、デバイス・ドライバーの問題だったんだと。

もしかして、新しいドライバーがあるのではないかと思い、グーグルで検索してみました。エプソンのサイトを見ても、Windows Vistaまでのドライバーしかありませんでした。

今まで、Windows7までは動いてくれたけれど、さすがにWindows10ではダメだったようです。

そこで、GT-8700Fを何とか動かせる方法はないものかといろいろとググってみました。

そうしていると、

http://okamerin.com/nc/title/EPSON_GT-8700F_windows64.htm

というページに行き当たりました。

こちらの記事は、Windows 8.1の64bitについて書かれたものですが、Windows10 32bitでも有効でした。okamerin.com様、ありがとうございました。

Windows 8まではGT-8700のドライバでOKだったけれど、8.1以降はだめになったということだったんですね。納得できました。

メーカーさんにとっては保証外もいいところの裏技ですが、デバイス・マネージャーをだますような使いかたというのは、ワクワクするような使い方ですね。

GT-8700Fは、それはもう古いスキャナーだということを実感しました。私が買ってからでも、すでに17年ほど過ぎていますし。

ITの世界では、かつては5年で一昔という感じでしたが、今は2年で一昔くらいに陳腐化のスピードが速くなっているかもしれません。(もっと早いですか?)

しかし、使えるものなんだから使えるだけ使いたいですよね。

ものというのは、買ったときの思い出もあるし、長く使っていればそれだけ、愛着がわくものです。

買ったときの店員さんのことや、価格交渉のこともよく覚えています。今思い出してもなつかしいものです。価格は安くしてもらって、43000円でした。現在の同等品(スペックははるか上ですが)からすると高いですね。

今では、プリンターにスキャナやコピー機やファックスが一つになった複合機が安く買えるようになりました。実は、私もプリンターが壊れたときに、急いで家電量販店で、とにかく一番安いプリンターを買いに急いだことがありました。たまたま、それは複合機でしたが、そのスキャナ機能は全く使わず、GT-8700Fを使っていました。

まだしばらくは、GT-8700Fを愛用したいと思っています。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。