読書一覧

 

本を読むことは、その効用がどうとかいうよりも、楽しいことです。学ぶための読書もあれば、考えるための読書もあり、遊ぶための読書もあります。私は読書家ではないので、偉そうなことはいえませんが、読んだ本や読みたい本など、読書に関わることについて、書いていこうと思います。

 

学ぶ姿勢から見た実学と虚学 保阪正康著『実学と虚学』から学びました

保阪正康著『実学と虚学 《学び》は人をどう変えるか』という本を参考に、学ぶ姿勢としての実学・虚学について考えます。「実学とは、自分が人間的に生きる姿、人生の価値を高からしめる姿、それを求める心に忠実に従って教えを求めること」という著者の主張は、あらためて考えてみるべき意義があると思います。

スポンサーリンク